落ちてくだけのゲーム

30過ぎると踊っても笑っても勝てないことに気付く

自分を認める考え方

現実は厳しい。

自分は自分が思っているより他人からはクズ野郎だと思われている。

自分が自分のことを最低野郎だと思うよりも更に右斜め上を行って他人の評価は厳しいし、

自分が気づかない最後の砦と言わんばかりの無意識な自分までも否定しているというくらいには残酷だ。

 

そのくらい他人は見透かしているところが多いし、

自分のことを全然自分で気付けていないことが多い。 

 

同僚や友人の前で「私ダメなんですよ」とか言ったら、「そんなことないよ」とその人を肯定するかのようなことを言うけれど、

どんな糞野郎でも余程気がしれた相手か意図的に敵に回したい相手でなければ必ず言うし、言われる言葉じゃないだろうか。

何度も自己否定の言葉を他人に言う人はネガティブというのとは違い、

どちらかと言うとその慰めの言葉をもって自分の行動を肯定的に捉えようとするポジティブな人間だと思う。

本当にネガティブならばそういうのも分かっていても何も言わない。 

 

みんな、他人のことなんて結構どうでもよく思っていて、

他人の前で自己否定をしても「大丈夫だよ、お前はそれ以上に糞野郎なんだよ」と生暖かく見られたり、

相手の加虐心をくすぐるだけでなにも良いことは起きないから止めておいた方がいい。

どんな人でも腹に一物持っているものだ。

 

だけどやっぱり人間だから自分のダメなところをさらけ出して、それを全部ひっくるめて、目一杯慰めて認めて欲しい時もある。

 

そういう時をどうすればいいか、

「気の知れた友人や家族に相談すればいい。」

というのは嘘です、他人に相談するのは整理する場合はいいんだけど、

100%分かってもらえるわけでもないので、

セッテイングする労力と期待値と釣り合わない時がある。

 

簡単なことで

最初から自己否定もせず、他人から認めてもらおう、と思わなければいい

と考えることなんだと思う。

 

「自分を認める」というとなんか急に胡散臭くなるけれど、たぶんそういうことなんだと思う。

そうは言うがな大佐と思うかもしれないけど結構簡単なことで、

最近の私の流行りでいうと「まぁ、自分はこの程度だろう」と思うことだ。

 

別に拗ねているわけでも、ネガティブになっているわけでもなく、

現実を受け入れる言葉としては最適だと思う。

 

若いと現実の結果までも否定してしまいどんどん生きるのがダルくなってくるから

ある程度肩の力を抜いて

「まぁ、自分はこの程度の結果だろう」と認めて、否定に使う労力を最小に抑えて

次の行動に注いだほうがいいと思う。

 

いい歳になって少しずつそう思うようになってきた。

 

記事とは関係ないけど、ここのブログは今度の記事からほとんどネタ記事にしていこうと思う。

ブログのタイトルもゲロ臭いタイトルにしたし、がんばるぞい。